大阪府堺市にある不動産会社 【山洋ホームサービス株式会社】 堺市中区、西区、東区、南区を中心に30年間不動産をご紹介しております。
堺市で中古一戸建て・中古マンション・賃貸物件・貸倉庫などお探しの方は、お気軽にご相談くださいませ。

RSS


人は誰しも天から徳と能力を与えられて生まれてくる。
その天から与えられた徳と能力を発揮させ、
役立てていく――
それこそが、人が学ぶ目的だと
安岡先生は明快に述べられています。



10年、20年、30年、 同じ姿勢、同じ情熱を
傾けられることが才能だと思う――羽生善治
 


・悩みはつきないな 生きているんだもの 

                  相田みつを


途中でいるかぎり中ぶらりん 
底まで落ちて足が地につけば本当に落ち着く     相田みつを



【今日の言葉】 
常に前向きに考えられる人は、
理想や夢を抱き続けることができる人^^^^^^^^^^^^^^
今村哲也(早稲田大学大学院教授)


・そのままでいいがな          相田みつを   



・いろいろあるんだなあ 人間だもの 
いろいろあるんだなあ     

    生きているんだもの                         みつを 


土 水 空気 人間の作ったものじゃない      相田みつを
   


【今日の言葉】 
天職とは最初からあるものではなく、後になってから分かるもの
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
児玉典彦



・土の中の水道管 高いビルの下の下水 大事なものは表にでない

                                  相田みつを


相田みつを
・人里はなれた谷間の白百合の花は誰にも見てもらえないのですが
   少しのかけ引きもなく 精一杯の美しさで咲いています。 

2018-11-09 08:20:24


【今日の言葉】 
人間の修養は一つずつである。その時その時、
自分の為すべきことを正確に行うことである^^^^^^^^^^^^^^^
森信三(国民教育の師父)


一流の人は学び続ける。80になっても90になってもこれからだ。
未見の我と良き出会いを。
 


○しつけの三原則
 1.朝の挨拶をする子に。
 2.「はい」とはっきり返事のできる子に。
 3.席を立ったら必ずイスを入れ、はき物を脱いだら必ずそろえる子に。


母親としてわが子に与えねばならぬ「心の養分」
1.              やさしくて温かい言葉
2.              にこやかな笑顔
3.              常に何事かを「念じる心」


■今日の言葉
一、心中常に喜神を含む(どんなことにあっても心の
奥深いところにいつも喜ぶ心を持つ)
二、心中絶えず感謝の念を含む
三、常に陰徳を志す  …………………
安岡正篤(東洋思想家/昭和の歴代首相、財界人の指南役)


常に良心が命じる義務を果たし結果は天にまかせる、
天は自ら助ける者を助く    自助論



「男児志を立て郷関を出ず、学びて成る無くんば復(また)還らず」


・良き夫はつんぼでなければならず、
良き妻はめくらでなければならぬ。



凡そ事を作すは、須く天に事えるの心有るを要すべし、
人に示すの念あるを要せず


2018-10-29 09:44:13


我が材を生ず 必ず 用有り  李白


逆境は神の恩寵的試練なり


「人々の運命に満潮と干潮があり、
この潮勢を機敏に捉うる者のみが
よく幸運の彼岸に達する」     シェークスピア   


心の食べ物は言葉です。よい言葉を食べていると
心は生き生きとして元気が出てきますが、
悪い言葉ばかり食していると、病んでくるのです


打つ手は無限
・素晴らしい名画よりも、とても素敵な宝石よりも、
もっともっと大切なものを私は持っている。
どんな時でも、どんな苦しい場合でも、愚痴を言わない。
参ったと泣き言を言わない。
何か方法はないだろうか、何か方法はあるはずだ、
周囲を見回してみよう。いろんな角度から眺めてみよう。
人の知恵も借りてみよう。必ず何とかなるものである。
何故なら打つ手は常に無限にあるからだ。


人の一生はせいぜい百年、
ところが宇宙から届く光は三十億光年、 
これを百年と比べたら瞬きする間もない時間である。
こんな短い一生をくよくよしてみても始まらない。 


この世のものは、「大事にすると集まってくる」というように、
大事にしてくれるところに=愛情をもってくれ、
それで対応してくれるところへ集まるのです。お金も、
人材も、情報も、それらを心から集めたいと思っている人の
ところへやがて集まるから、集めたいと考えるべきだとは
言えますが、それらに強い愛情を持ち、大事にしてくれる
人のところには、やがてではなく、すぐに集まるものなのです。
このことは、「愛情をもって大事にすると長持ちする」
というルールとも相通じています。
生きることとは愛のまことを貫くことだ


苦がその人を 鍛えあげる 磨きあげる  本ものにする 坂村真民


金持ちは、その裏に貧乏があるぞ、油断するなということであり、
貧乏人は、金が懐にころがってくるぞ、
喜べという事である。病人は喜べ、健康になるぞという事であり、
健康な者はぼやぼやしていると病人に
なるぞということである。すべてが、そうである。


苦がその人を 鍛え上げる 磨き上げる 本物にする   坂村真民
2018-10-16 09:17:08


17 人生は神の演劇、その主役は己自身である
人生は、自分だけの小さな知恵や力を超えた、
もっと大きなものによって動かされ、創られていく神の演劇です。
私たちはその演劇の主人公であるから、演出の作法である
純粋倫理に則して、力いっぱい生き抜いていきましょう。


16 己を尊び人に及ぼす
世の中に、たった一つしかない宝というべき自分自身の個性を、
できるだけ伸ばして、人のために働き、身をささげましょう。
それが自分を尊ぶことになるのです。


15 信ずれば成り、憂えれば崩れる
きっと出来るという信念が、そのことを成就させるのです。乱れは、
信の欠けたことから起こります。


14 希望は心の太陽である
一度しかない人生、二度と出くわすことのない仕事だから、
その前途に燃えるような希望をもちましょう。
うまくいかないから望みを失うのではありません。

望みをなくすから、崩れていくのです。
希望はいくら灯しても尽きることのない永遠の光なのです。


13 本を忘れず、末を乱さず
枝葉のことには気をつけるが、何事につけても本を忘れがちです。
常に本を忘れず、また後始末をきちんとすることが大切です。
特に、わが命の本である両親の恩を思い、
祖先を敬する心を培いましょう。


12 得るは捨つるにあり
にっちもさっちもいかない絶体絶命のとき、どうすればいいのでしょうか。
思いきって欲心を捨ててしまいます。ときには生命すらも投げ出す
覚悟を決めるのです。
すると、予想だにしなかった好結果が生まれてくるでしょう。


11 物はこれを生かす人に集まる
物は大切に使うと、持ち主のために喜んで働き、粗末にあつかえば、
反抗したり、ときには喰ってかかります。
物は人とおなじように生きているからです。
だから、物をよく働かせる人は物にめぐまれてるのです。


10 働きは最上の喜び
真心で働いたとき、かならず「喜び」という報酬が得られます。
それは他のどんな喜びにもかえることはできません。
喜んで進んで自分の仕事に邁進しましょう。


約束を違えれば、己の幸を捨て他人の福を奪う
約束はどんなことでも守り抜きましょう。
まずは時間を守ることからはじめます。法の網をくぐって
手に入れた金銭・財産は、得をしたようで、その人の身に
つかないばかりか、かえってその人を、家を、不幸にします。


明朗は健康の父、愛和は幸福の母
明朗な心は、肉体・、家庭・事業の健康のもとになります。
愛に満ちあふれて、皆がそれぞれにふさわしい
場にあるさまを和といいます。
愛和はすべての幸福のもととなるのです。


肉体は精神の象徴、病気は生活の赤信号
「気は病から」といわれるように、
病気は一般に知られている原因のさらに奥に、
真の原因があります。それが「心の不自然なゆがみ・偏り」です。
朗らかな、ゆたかな、うるおいのある心になれば、
病気は自然に治癒していくでしょう。


子は親の心を実演する名優である
子は親の顔形から、立ち居振舞いや、
癖にいたるまでよく似ています。
さらに、親の心や行為をそのまま映し出し
、実演するともいいます。子供が悪くて困るというとき、
子供を責めることなく、その原因は親にあると自覚し、
親自身が改めることが先決なのです。


夫婦は一対の反射鏡
夫婦は一組のあわせ鏡のようなものです。
お互いに照らしあい、お互いを映しあっています。
だから相手を直そうとするよりも、まず、
自分をよくしていきましょう。


人は鏡、万象はわが師
他人は自分の心や振舞いを反映する鏡です。
人を改めさせよう、変えようとしても一向に変わりません。
しかし、自分が変わると、人が変わってくるのです。
身の周りに起こる現象は、自分を教え導く師匠です。
虚心にその教えを聞き、心の歪みや偏りを正したとき、
周囲は意のままにおのずと変わってきます。


運命は自らまねき、境遇は自ら造る
運命は自らの力できりひらくことができます。境遇も、自分の心の通りに、
境遇の方が変わっていくのです。
だから、断固として正しい道を踏み,
喜び勇んでことにあたっていくとすばらしい運命、
境遇にであえるでしょう。


苦難は幸福の門
病気・災難・貧苦・家庭不和・・・、
世の中にはさまざまな苦難があります。
それら苦難は、生活の不自然さ、心の歪みが原因と
なっているのです。
だから、苦難の原因を取り除くべく自分を改めれば、
苦難は自然に、いつの間に解決し、幸福がやってくるでしょう。
万人幸福の栞(しおり)17
箇条



 
今日は最良の一日、今は無二の好機
晴れた日、雨の日、ついていない日、ラッキーな日・・・
と色々ありますが、どの日がよくてどの日がわるいということは
ありません。今日が、いちばんのよい日なのです。
今が最良のときだと心得て、気づいたことを直ちに行いましょう
2018-09-29 11:27:14


セブンアクト
7.物の整理は心の整理、感謝を込めて後始末。

後始末は、単に物や環境をもとの状態に戻すだけでなく、
感謝の現れであり、次の働きのスタートでもあります。

心に区切りをつけて、そのつど100%の力を発揮する
重要な生活実践です。



6. 友情はルールを守る心から、連帯感を育てよう。
仲間意識や連帯感をもつには、一人のルール違反が大きなマイナスの
影響を与えます。全体の約束事を守る。
職場のエチケットを一人ひとりがしっかりと守るとき、
大きな力が発揮できるチームワーク力がついてきます。


今、土地取引を進行中の業者さんの社長が
いつも素晴らしい言葉を 送ってくれてありがとう
と このホームページも 陰で役立っています。




5. 背筋を伸ばしてあごを引く、姿勢は気力の第一歩。

正しい心は正しい姿勢にのみ保たれるものです。
ふしだらな卑俗な姿勢には、積極・建設的な心の
宿りようがありません。腰骨をしっかり立てて、
あごを引いた姿勢を保つと、
しだいに気力が充実しピンチも乗り越える力が湧いてきます。






4. 先手は勝つ手5分前、心を整え完全燃焼。

約束の時間に送れないというだけでなく、早め早めに行動し
始まるのを待つことが完全燃焼のコツです。
少なくとも5分前には決められた場所に行き、心を整え呼吸を整え
満を持して事に臨む習慣をつけましょう。








3. 気づいたことは即効即死、間髪入れずに実行を。

やろうと思ったらサッとやる。やめようと思ったらサッとやめる。
ぐずぐずしただけ、物事はスムーズに運びません。気づいたことを、
そのつど的確に処理していけば、
心にかかることなく、常に実力を発揮し成功の道を歩めます。







2.返事は好意のバロメーター、打てば響く「ハイ」のひと言。

間髪入れずに「ハイ」という返事をされたら、誰しも気持ちのいいもの。
「ハイ」は、好意の表れです。
また、返事をした人も、それによって心に明瞭な区切りがつきます
家庭でも、職場でもなくてはならない実践です。

              
あいさつが示すひとがら躊躇せず、先手で明るくはっきりと
あいさつ上手は、つきあい上手。あいさつが下手な人は
人間関係で大損をします。
人を尊敬し人を愛する真心の発動があいさつです。
あくまでも、自分から先に、明るいハッキリした声と
表情で行う習慣をつけましょう。


働くとは即ち人にサービスをすること。人のことを考えられるのは
能力が高く、幸福になれる基本です━━━━━━━━━━━━━━
水戸岡鋭治

2018-09-20 08:56:16

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ

念ずれば  花開く

生活の中で気になるあの事この事…定期コラムをご提供しております。
気になるテーマを是非ご覧ください。


vol.1 室内空気を汚染する可能性のある揮発性有機化合物について
vol.2 シックハウス症候群について
vol.3 化学物質過敏症について
vol.4 あなたの運命は風水で好転できる
vol.5 金運がアップする風水術
vol.6 健康運を高める風水術
vol.7  室内の構成・造作
vol.8 住宅の外観
vol.9 住宅の構造
vol.10 階段
vol.11 椅子.ベット
vol.12.照明
vol.13.床の間
vol.14.家具の配置
vol.15.様式
vol.16.製図記号
vol.17.色のバランス
vol.18.抗酸化工法
vol.19.食物に含まれる抗酸化パワー
vol.20.シックスクールについて
vol.21.シックハウスについて
vol.22.タバコと健康について
vol.23.人間に必要不可欠な「水」
vol.24.便利な暮らしの知恵
vol.25.ゴミの分別とリサイクル
vol.26.合成洗剤について
vol.27.アイドリングについて
vol.28.無農薬祭について>
vol.29.業者選びのチェックポイント
vol.30.リフオーム前のチェクポイントvol.31.ハーブレシピ
vol.32.高齢者への配慮
vol.33.室内ダニ・カビ対策について
vol.34.効能別メニュー女性編
vol.35.効能別メニュー一般編
vol.36ビールのマル秘パワー
vol.37.こんな健康住宅に注意
vol.38.日本酒のパワー
vol.39.豆腐のえいようについて
vol.40.お米と栄養
vol.41.手話について
vol.42.電磁波と健康について
vol.43.薬とその副作用
vol.44.抗生物質・ステロイド剤・予防接種
vol.45.目を健康にするポイント
vol.46.抱かれる優しさ
vol.47.部屋ごとの色の考え方
vol.48.暮らしと照明
vol.49.引越しのチェックポイント
vol.50.目の不自由な人1
vol.51.目の不自由な人2
vol.52.障害を持った人1
vol.53.外国籍の人
vol.54.妊婦さんへ
vol.55.学校の環境衛生
vol.56.化学物質過敏症患者
vol.57.アルムアルデヒド平均濃度
vol.58.ヒョウダニのいない家
vol.59.犬や猫によるアレルギー
vol.60.住宅着工から完成まで