大阪府堺市にある不動産会社 【山洋ホームサービス株式会社】 堺市中区、西区、東区、南区を中心に30年間不動産をご紹介しております。
堺市で中古一戸建て・中古マンション・賃貸物件・貸倉庫などお探しの方は、お気軽にご相談くださいませ。

RSS


○母親としてわが子に与えねばならぬ「心の養分」
1.   やさしくて温かい言葉
2.   にこやかな笑顔
3.   常に何事かを「念じる心」


【今日の言葉】
人生に起こることはすべて必然で必要だ。
しかもベストのタイミングで訪れている━━━━━━━━━━━━━━
船井幸雄


〇「やらされている百発より、やる気の一発」  中村豪


◯人間は一生のうち逢うべき人には必ず逢える。
しかも一瞬早すぎず、一瞬遅すぎ ないときに     森信三



【今日の言葉】 
人生に無駄なものは一つもない。
若い時に無駄だ無駄だと思っていても、それはみんな生きてくる
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 中川一政(画家)
 
2019-05-26 10:51:47


 【今日の言葉】 
一大事と申すは今日(こんにち)只今(ただいま)の心なり^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
正受老人(白隠禅師の師)



できない理由を並べるよりもできることを考える^^^^^^^^
三浦雄一郎(冒険家)


【今日の言葉】 
絶望は愚か者の結論である^^^^^^^^^^^^
三浦雄一郎(冒険家)


今日の学び
やり直しはできないけれども
出直しはできる。


【今日の言葉】 
批判の目があっては学べない。
素直でなければ本当の技術が入っていかない^^^^^^^^^^^^^
小川三夫(宮大工)


【今日の言葉】 
苦難こそは自分を成長させてくれる一番の先生^^^^^^^^^^^^
多田野弘(タダノ名誉顧問)


【今日の言葉】 
自分の使っている言葉が、自分の人生を支配する^^^^^^^^^^^
佐藤富雄(理学博士)


【今日の言葉】 
一つの仕事に一生打ち込んで、そこに生きがいを見出せる人は幸せだ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
松下幸之助(松下電器産業創業者)


【今日の言葉】 
一所懸命仕事をするとういうことは
一所懸命生きるということ^^^^^^^^^^^^^^^^^^
南部邦男(ナベル社長)


【今日の言葉】 
一つ山を登れば、彼方にまた大きな山が控えている。
それをまた登ろうとする。力つきるまで^^^^^^^
中川一政(画家)


【今日の言葉】
父は子どもの敬の的、母は愛の座━━━━━━━━━━━━━━
安岡正篤(東洋思想家)


今朝、キュウリの花が咲きました。生り花とあだ花と、楽しみです。
【今日の言葉】
どこへ逃げたって状況は変わらへん。だから不平不満を言う前に、
いま自分の足もとを見つめてください。

いまあなたが置かれているところで花を咲かせるように生きてください━━━━━━━━━━━━━━
玄秀盛(日本駆け込み寺創業者


【今日の言葉】
幸福とは、縁ある人々との人間関係を噛みしめて、
それを深く味わうところに生ずる感謝の念に他なるまい━━━━━━━━━━━━━━
森信三(教育界の師と仰がれる教育者)『森信三 一日一語』


十億の人に十億の母あらむも わが母にまさる母ありなむや
 
十億の人に十億の母がいる。 中には立派な母、優れた母もたくさんいるだろう。
だが、自分にとっては自分の母こそが 最高の母だ、というのである。
 
母に愛された記憶こそ、 一人ひとりの生きる力の根源である。
その母の力こそ、 ひいては日本という国を支えた根本である。


【今日の言葉】 指揮官には危機的な状況になればなるほど速やかな決断が求められる^^^^^^^^^^^^^^^^
高嶋博?(海上自衛隊元横須賀地方総監)


仏の加護が、現世に仏在まして我らを救いたもう        坂村真民さんの風光
 うつしよにほとけいまして
   うつしよにほとけいまして われをみちびきわれを守りたもう 
  うつせみのいのちをいまにいたるまで、あらしめたもう
    ちから弱きわれにちからをやしなわしめ いきるひのかてをあたえたもう
  ああ うつつのごとく ほとけいまして涙ながるる、光ながるる  


【今日の言葉】 
愛情をもって接すれば、愛情をもって返ってくる^^^^^^^^^
坂本博之(元プロボクサー)


【今日の言葉】 
自分の本当の適性というものは、与えられた仕事に
一所懸命打ち込むことで初めて見えてくる^^^^^^^

白幡洋一


【今日の言葉】 

他人が辛かろう、寂しかろうといっても、
いや自分は幸せですという人には誰も勝てない ^^^^^^^^^^^^^^

西端春枝
2019-05-06 08:56:35


令和元年5月5日
今朝は2カ所のお宮さんにお詣りし、家と会社の水回りの掃除をしてから
墓参りをしてから、大峰山の麓の 天川大弁財天様にお詣りして先ほど
返ってきました。


令和天皇 のお言葉
「即位後朝見の儀」で述べたお言葉。
 
  日本国憲法および皇室典範特例法の定めるところにより、ここに皇位を継承しました。
  この身に負った重責を思うと粛然たる思いがします。
 
  顧みれば、上皇陛下にはご即位より、30年以上の長きにわたり、世界の平和と国民の幸せを願われ、いかなる時も国民と苦楽を共にされながら、その強い御心をご自身のお姿でお示しになりつつ、一つ一つのお務めに真摯に取り組んでこられました。上皇陛下がお示しになった
象徴としてのお姿に心からの敬意と感謝を申し上げます。

 
  ここに、皇位を継承するに当たり、上皇陛下のこれまでの
歩みに深く思いを致し、また、歴代の天皇のなさりようを心に
とどめ、自己の研鑽に励むとともに、常に国民を思い、国民に
寄り添いながら、憲法にのっとり、日本国および日本国民統合
の象徴としての責務を果たすことを誓い、国民の幸せと国の
一層の発展、そして世界の平和を切に希望します。



天皇陛下のおことばの全文。
 
  今日(こんにち)をもち、天皇としての務めを終えることになりました。
 
  ただ今、国民を代表して、安倍内閣総理大臣の述べられた言葉に、深く謝意を表します。
 
  即位から三十年、これまでの天皇としての務めを、
国民への深い信頼と敬愛をもって行い得たことは、幸せなことでした。
象徴としての私を受け入れ、支えてくれた国民に、心から感謝します。

 
  明日(あす)から始まる新しい令和の時代が、平和で実り多くあることを、
皇后と共に心から願い、ここに我が国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります。

令和元年 五月一日 おめでとうございます。





「のどぼとけ」佛さまのような お方だったのでしょう。こんな立派な 
のどぼとけはなかなかないものですと、やきびとが言ったそうである。
父ののどぼとけは 母が亡くなるまで36年間 わたしたちの佛さまだった 
わたしは まいにち 夜の明けないうちに
起きて 共同井戸へ水汲みに行き 死に目に会えなかった不幸を詫び 
父ののどぼとけにお水をあげた 明かりをともすすと のどぼとけは 
うすもも色に光りやさしかった父の おもかげが 浮かんで来た・・・」
   坂村真民


【今日の言葉】 
倒されし竹はいつしか起き伸びて 倒せし雪はあとかたもなし ^^^^^^
佐藤義詮(大谷学園元理事長)


体解大道       守屋 弘斎  元東大寺官長
ある人にご一緒してもらい、東大寺の官庁にお会いした時、私の
居間においでと誘っていただき、その時東大寺の大きなグラビアに
体解大道と書いてもらって頂いた言葉です。



人の一生はせいぜい百年、ところが宇宙から届く光は三十億光年、 
これを百年と比べたら瞬きする間もない時間である。
こんな短い一生をくよくよしてみても始まらない。


いまここに だれともくらべられない 
はだかの人間 わたしがいます  みつを   

 
 


あれを見よ 深山の桜 咲きにけり
真心尽くせよ 人知れずとも


憂い
 むかしの人の詩に有りました  君 看よ双眼のいろ 
語らざれば 憂い無きに似たり    
憂いがないのではありません 
悲しみがないのでもありません 語らないだけなんです

 語れないほどふかい憂いだからです 

語れないほど重い悲しみだからです。
人にいくら説明したって全くわかってもらえないから 
語ることをやめて じっとこらえているんです

 文字にもことばにも 到底表せない ふかい憂いを 
おもいかなしみを こころの底ふかく 

ずっしりしずめて じっと黙っているから 
まなこが澄んでくるのです

 澄んだ眼の底にある ふかい憂いのわかる人間になろう 
重いかなしみの見える眼をもとう

 君 看よ 双眼のいろ 語らざれば憂い 無きに似たり      みつを
2019-04-25 08:53:02


職業に上下もなければ貴賤もない世の為に役立つことなら何を
しようと自由である。然しどうせやるなら覚悟を決めて十年やる。
すると四十までには頭をあげるものだが、それでいい気にならずに 
又十年頑張る。すると五十までには群を抜く。しかし五十の声を
聞いたときにはたいていの者が息を抜くが、それがいけない。
「これからが仕上げだと新しい気持ちで又十年頑張る。
すると六十ともなれば、もう相当に実を結ぶだろう。
だが月並みの人間は、もうこの辺で楽隠居がしたくなるが、
それから又十年頑張る。すると 七十の祝いは盛んにやって
もらえるだろう。しかしそれから又十年頑張る。するとこの 
コースが一番おもしろい 」



弁解のうまい人間、あやまりっぷりのいい人間
  相田みつを


あのね、がんばんなくてもいいからさ、
具体的に動くことだね。 相田みつお

 


誰恨むことはない、身からでたさびだなあ。
この我執の強さ、そして此の気の弱さ。
共に仏様が私に授けてくれたもの。       相田みつを



ただ
花には人間のようなかけひきがないからいい、
ただ咲いて ただ散ってゆくからいい、ただになれない私。     
         相田みつを


その時の出会いが人生を根底から変えることがある 良き出会いを  

     相田みつを


わたしは気が小さいから まわりのことが 非常に気になるんです
 わたしは怠けやだから いくつになっても
 おっかない師匠が必要なんです

 私がどうしようもない人間だから 安心できる観音様が必要なんです
いつでも どこでもどんな場合でも わたしをじっと見ていてくれる 
仏さまが必要なんです

        相田みつを


弱いから
 わたしは弱い人間だから ふつうの人といっしょでは とても骨が折れるんです
みんなといっしょでは とてもついてゆけません わたしはのろまだから 
同じことをやるにも

 ひとよりはるかに手間がかかるんです    相田みつを


肥料
あのときの あの苦しみも あのときの あの悲しみも 
みんな肥料だったんだなあ

じぶんが自分になるための        相田みつを


しあわせはいつも自分の心が決める。                      相田みつお 


今生富貴をする人は、前世に蒔きおく種がある。今生施しせぬ人は、

  未来は極めて貧なるぞ、利口で富貴がなるならば、鈍なる人は皆貧か。
  利口、貧乏するを、見よ、この世は前世の種次第、未来はこの世の種次第


一生燃焼、一生感動、一生不悟。


おかげさま                                                相田みつを
つまずいたりころんだりしたおかげで物事を深く考えるようになりました
 過ちや失敗をくり返したおかげで少しずつだが人のやることを温かい目で
 見られるようになりました。何回もおいつけられたお陰で人間としての自分
 の弱さとだらしなさをいやというほど知りました。騙されたり裏切られたり 
したお陰で馬鹿正直で親切な人間の温かさも知りました。     


一事の成功とか失敗とかいふものは、長い人生、価値多き生涯に於(お)ける
泡沫(ほうまつ)の如(ごと)きもの━━━━━━━━━━━━━━
渋沢栄一


奪い合えば足らぬ 分け合えば余る 奪い合えば憎しみ 
分け合えば安らぎます。
  ああそう と相手の話を聞く


阪神大震災の時 気が付いたら家が崩れかけている 
ところが腰が抜けて動けないでいる時

「その時 どう動く」という 言葉を思い出したんです。
そして家族を起こして逃げることができたんです。
この時にこの言葉を思い出せなかったらそのあとの 
家は全壊してしまい一家全部が死んでいたかもしれません。 
この言葉で家族が助けてもらったのです。



雨の日は雨の中を 風の日には風の中を      相田みつを   
 
2019-04-07 11:56:14


・しんじつだけが魂をうつ         相田みつを 


・本心 本気 本腰 本物 本願 本の字がつくものはいい  相田みつを
   




   

 ・自分が自分にならないで だれが自分になる   相田みつを
 


どうころんでも おれのかお          相田みつを  
 


・背のびするわたし 卑下する自分 どっちもいやだね
          相田みつを


待つ
 ・待ってもむだなことがある 待ってもむだなことがある
  待ってむなしきことばかり それでもわたしはじっと待つ   みつを  


.得意泰然 失意淡然
  古人のことばです 得意の時も平然 失意の時も淡々
  顔色一つ変えない  ふだんと同じ という意味ですね
得意有頂天 失意ゲンナリ  ちょっとよければすぐのぼせ
  ちょっとわるけりゃすぐしょぼん
 
  そんなわたしでも 仏さまがちゃんと生かしてくれるんですね
  そのまま少しも修正なしで 生かされてきて 生きてきて
   わずかな酒に酔ってます                   相田みつお  

 私達夫婦は結婚して 50年になりました。その記念に
九州の旅に行ってきました。一足早い桜を愛でてきました。




今朝は堺市中区倫理法人会のモーニングセミナー
でした。ダウン症のお子さんを育てているお母さんの
お話でした。その子に向き合って一生懸命に育てて
きましたという言葉も一つ一つ、普通の子よりも
足りない部分を補って育てている。その姿が素晴らしい。

人として生まれることは、1億円の宝くじを1万回当たる
位の幸運なんですと脳科学者が言われます。そんなお話でした。
今日も事業用不動産買い替えのコンサルタントと売主さんを
招いて勉強をします。

 縁起  負ける人のおかげで勝たせてもらう   相田みつを


だれにだってあるんだよ ひとにいえないくるしみが
 だれにだってあるんだよ ひとにいえないかなしみが
 ただだまっているだけなんだよ いえばぐちになるから
 そのうちそのうちべんかいしながら日がくれる   相田みつを


 若者よ頭と体のやわらかいうちに受身をうんと習っておけ 受身さえ身につけておけば
 何回失敗してもすぐ立ち直ることができるから そして負け方や受身の本当に身についた
人間が世の中の 悲しみや苦しみに耐えて他人の胸の痛みを心の底から理解できる
 やさしく暖かい人間になれるんです そういう悲しみに耐えた暖かい心の人間のことを
 観音様 仏様と呼ぶんです      相田みつを


わたしにちからがないから仏様が手伝ってくれる   相田みつを
2019-03-16 14:38:15

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ

念ずれば  花開く

生活の中で気になるあの事この事…定期コラムをご提供しております。
気になるテーマを是非ご覧ください。


vol.1 室内空気を汚染する可能性のある揮発性有機化合物について
vol.2 シックハウス症候群について
vol.3 化学物質過敏症について
vol.4 あなたの運命は風水で好転できる
vol.5 金運がアップする風水術
vol.6 健康運を高める風水術
vol.7  室内の構成・造作
vol.8 住宅の外観
vol.9 住宅の構造
vol.10 階段
vol.11 椅子.ベット
vol.12.照明
vol.13.床の間
vol.14.家具の配置
vol.15.様式
vol.16.製図記号
vol.17.色のバランス
vol.18.抗酸化工法
vol.19.食物に含まれる抗酸化パワー
vol.20.シックスクールについて
vol.21.シックハウスについて
vol.22.タバコと健康について
vol.23.人間に必要不可欠な「水」
vol.24.便利な暮らしの知恵
vol.25.ゴミの分別とリサイクル
vol.26.合成洗剤について
vol.27.アイドリングについて
vol.28.無農薬祭について>
vol.29.業者選びのチェックポイント
vol.30.リフオーム前のチェクポイントvol.31.ハーブレシピ
vol.32.高齢者への配慮
vol.33.室内ダニ・カビ対策について
vol.34.効能別メニュー女性編
vol.35.効能別メニュー一般編
vol.36ビールのマル秘パワー
vol.37.こんな健康住宅に注意
vol.38.日本酒のパワー
vol.39.豆腐のえいようについて
vol.40.お米と栄養
vol.41.手話について
vol.42.電磁波と健康について
vol.43.薬とその副作用
vol.44.抗生物質・ステロイド剤・予防接種
vol.45.目を健康にするポイント
vol.46.抱かれる優しさ
vol.47.部屋ごとの色の考え方
vol.48.暮らしと照明
vol.49.引越しのチェックポイント
vol.50.目の不自由な人1
vol.51.目の不自由な人2
vol.52.障害を持った人1
vol.53.外国籍の人
vol.54.妊婦さんへ
vol.55.学校の環境衛生
vol.56.化学物質過敏症患者
vol.57.アルムアルデヒド平均濃度
vol.58.ヒョウダニのいない家
vol.59.犬や猫によるアレルギー
vol.60.住宅着工から完成まで